2011年08月29日

ドル円様子見とローソク足続き

ドル円については先日の記事から見方は変わっていません

しばらくもみあい風な上下はあるでしょうが、76.87から76.92くらいの上昇はあるかもしれません

ですがここに各時間足抵抗が重なっているので戻りのポイントになるかも


それとも上をつけずに下落かは午前の動きを見てもよくわかりません

どちらにしろ、もう少し落ちるのを待つ、というところです


ポンド円はそろそろ短期で下がりそうに見えますが、押し的な下げだろうと思われるのであまり狙わないでいいかと。5分足程度ならありですね。


今現在は下げはまだです




その判断は(勝手な)昨日書いたローソク足でお話します
あくまでワタシ流です。教科書でもなんでもないです。


ポンド円日足が切り下がってますが1時間、4時間は反発で切りあがってます

なので1時間か4時間で切り下がりが出たら下がるのかな?ということです

どちらにポジションをとるかを考えるのが私の場合は足です


どっちにポジションとるかが重要ですし^^;


簡単でしょ?

ただ、簡単に判断してるので・・


はずすことはあります、だって相場ですから

切り下がりと見せてまた上がるは当然あるので、そこはどうするかと言うと


撤退


そんな感じです


ラインだと線1本ですが、ローソク足だと1本1本が離れているので切りあがり切り下がりが見えやすいです
ローソク足を追っていくことで勝率が超悪いってことはありません。100%ではないですが。

足を追っていって、逆張りはそうありません。


ただそこに移動平均線やらオシレーターやらを入れて追っていきます(いってます)
移動平均線を見たり、フィボナッチを当てたりRCIで目先の底や天井か?を判断してます

足だけではどこまで行くかの予測は難しいですし。方向を読んでも。


なので、昨日まではこうだった、しかし今日は高値安値を破られたとなるとコロと考えを修正していく。相場についていくにはそんな風にその時その時を追う。


考えてみると単純だと思います^^


しかしいろんなテクニカルを装備しすぎると、それが見えなくなるということがあります


メンタル強化とよく言いますが、単純にこうだからこうとしておくとメンタル云々とか強化せずともルール決め的な感じでトレードができます


あちゃー、失敗><;
なんてことは定期的にありますが、損をしたらやっぱりがっかりします

そんなことのメンタルを強化せずともいいのではないでしょうか??^^;
(どやって強化するのか??悟りですかね、やっぱり)


で、がっかりして他のテクニカルをひっぱってこなくてもいい


目をスクエアにしてもう一度足を見る、それだけなんです


という感じです^^

今日は様子見でいくと思います


ではー


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪更新の励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 12:05| Comment(4) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

ローソク足が重要だと思うの

ちょいとさくっと書いてみます

わたしが最近重要視しているのは、ローソク足です

と言いつつ各テクニカルは使っているのでローソク足でなくてラインだとしても分析はできますし、いわゆるローソク足の酒田五法!て訳でもありません

酒田五法の本を借りて読んだりはしました。確かにいい本だと思います

利にかなってるパターンを書いているので、勉強される方はいいと思いますが、酒田五法だけでもまた100%の勝率はムリです。(だと思う)

ただしっかり勉強すれば60%か良くて70%くらいの勝率はとれるのかもしれないかな??



ヒゲをすごく重要視しているわけではないです


ワタシ的に、だけなのですが

月足、週足、日足を常に見ますが、その足がひとつ、ふたつ、みっつほど前の足を見て今の足を見ます

どの足も一緒なので5分足なら15分足の3本ほど前から今の足を見ます

それは安値が切り下がっているのか?

高値が切りあがっているのか?

水平なのか?

一時反転したときの足の形とか


たとえば前の足がその前より高値も安値も超えているというわけわかんない形だとすると、どちらも前日をブレイクしているので、どちらにも行く可能性があるので方向を決めない

とか


ヒゲも一応高値安値が続いたあとに2本くらい出たら反転?くらいの意識は持ちます


たとえば切りあがっているのに売らない、切り下がっているのに買わない


という単純な考えでもありです


ストップ位置はみなさんご存知ですよね、安値、高値の外です


なのでわたしは切りあがっているのに少々下げがあっても売らない、逆も


という感じで見ています


相場に素直についていく、突発的な動きやニュースには勝てないのでそこは仕方ありません


あとラインも重要なのでそれはあれこれ引いて自分で判断しかありません


なので基本逆張りではありません、するとしたらターゲット最大??って思ったときだけです


そんな感じなので天井狙い、底狙い、MA逆張り、トレンドライン逆張りもしていません


するとしたらそこにターゲットがあるとき

という感じです


アバウトな文章ですが、たとえばドル円は高値安値が切り下がったので下へいきそうだ

しかし76円割れの安値は切ってないので上昇する可能性はまだある

これを割れるまでは上昇する可能性を考えて、でも時間足では日足で切り下がりが出ているので下がるかもしれない、ただ安値割れではないので売ってもあまり追わないようにしよう。理由は安値割れでないから買う場面が出てくるかも

もし安値割れたらそこで考えを変えよう


という風に考えます


てな感じです


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪更新の励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング


posted by みさ at 20:25| Comment(6) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

トレードの勉強

トレードの勉強方法が知りたいと思う人は多いかと思います

でも勉強と言っても、勝ってる人は案外ひとつの方法をつきつめた人が多いのでここんとこが難しい

私はまだ勝ってる人だとはまったく思ってないので、試行錯誤は継続中です
でも何か役にたてれば幸いなので、やってきた事をこのカテゴリに書いていきます

まず先にどん底の日を知ってる人は知っている、最近訪れてくれる方は知らない(あたり前)という事でおととしの記事です
2007年9月5日の日記
この日はFX撤退を真剣に考えた日でもありました
泣いたことはないですが、顔に斜線はずっと入ってましたけど!
大損出したから、それでもうこんなこと今後無いことはないです
その後も損出し続けるものです・・

9月あたりから冬の間特に苦しんでいた頃ですので(若干廃人)そのあたりを読んでもらえればわかります、でもけっこう苦しむのは長く続いた気がします

まずやりなおしと決めると今までのやり方を変えなければ、と思いますよね
いろいろ親切に教えてくれる方もあったのですが、どうにもマネしても勝てない。なんで負けるの??混乱!

セミナーへも行ったりしました
そこからテクニカルを使うトレードの練習になりました

本も色々読んだのですが、欲張っていろんなのを見すぎて何が正しい?になったり

という道をたどってきたのですが・・

自分が好きなテクニカルでないと、どうにもやりたくないのが解ったのでだんだんと見るところが少なくなってきました

私は先物市場のテクニカル本が一番好きです
相場のパターンをまず勉強しました
基本のパターンとして、ウェッジ、トライアングル、などなど
そして私はトレンドラインを必ず見るようにしているので、それは毎日引いてました

最初はパターンからのブレイクを狙うことだけを見ていました
ダウ理論も基本として

そのうちダマシも多いことがわかってきて(負けて)消極的になったり狙ったりとまちまち

トレンドラインというものを引くとそれでトレード出来なくても、法則があるのに気づきます

なので、毎日上のライン、下のライン、チャネルなどを引いたりしました(でもそれだけのトレードは難しいのでおススメしません)

その繰り返しでラインはブレイクよりもターゲットに使うほうがいいと気づきがあったり

それが一歩

まずは、自分の好きと思えるものを毎日引き続けるというか設定し続ける。わけわかんなくてもすぐに捨てずにまあ設定してみる
好みのテクニカルなら続けられるはずです

今使ってるテクニカルはボリンジャーバンド、移動平均線、RSI、ADX、RCI、フィボナッチです。
全部チェックはしません、必要な時に必要なものを・・て感じです


一目均衡表とかMACDとかも試してみたりしましたけど今のところ上記のがメインですが、たまに他のを確認で見たりはします。
どれも一緒なんで好きかどうかだけの問題だと思います

今現在検証しているものもあるのでおいおい理解したいのですが、少し前も上記のテクニカルを検証してたんですけど、やり方としては実はすごくアナログです大汗

わたしは調べたい時は、時間がとれる時の日曜日です
相場が休みの日にやります。土曜でもいいです。
何をやったかというと・・

チャートの天井、底などのパターンを見たり

その時のテニクカルの状態を見たりしました

ラインを引いたりとか、移動平均線を見たり

で、以前から10cmほどの小さいノートに手法を書き綴ったのがあるんですが1冊目は2年ほど前にパターンなどを書いたもの(最近ぜんぜん見てないな・・)

2冊目は去年に上記日曜に書いた絵やらパターンを書いて作ってみました
(字はきちゃないし、絵もきちゃない)
2冊目はルールとかも書いてます

3冊めのノート作りたいなという最近です。今見てる検証ができれば。

相場は読めないので、はずすことも多いですが過去の動きから予測するしかありません

2冊目作りの時は、チャートのコピーを数十枚したと思います
簡単にジグザグ書いてるだけですが

とえらそうに書きましたが、コピーとかやったのは2週間程度です汗
今はぜんぜんやってません大汗
飽き性でもあるので、継続が・・・笑

トレードも新しい事やると必ず負けますね・・
2,3検証してわかった!と思ってやっても2,3じゃーだめなんですね
何度も見ないと新しいやり方は勝てません

でも失敗してわかることもあるので、いちおうやらねば笑

わたしはデモでは身にならないのでリアルです
一番の敵はメンタルなのでデモではその敵がいないので参考にならないからです

えっとこういう流れです

要は、本など読んで好きと思えるテニクカルを2,3選ぶ

それを毎日設定しつづける

どういう時がどういう動きをするのか時間あれば見る

(ベテランは最初は10時間以上見るとか聞きますが、仕事人が使えるのは土日です、一時遊ぶの控えて貴重な土日を使う努力もありです。また平日の夜にチャートのスクロールを止めて過去をみるのもよし)

自分の視覚的に見やすいものを選ぶ

相場の基本は一応知っておく
(抵抗線、トレンドライン、移動平均線、パターン、ブレイクアウトなど)過去チャートに当てはめるとよいでしょう

そして勝ちパターンを見つけていく、という感じでしょうか
聖杯はどうやら人によって違うみたいですよ

えらそうに書きましたが、わたしも負ける時はガツンと負けますが・・

という事です

またおいおい追加あれば書いてみます

ではー



ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング


posted by みさ at 23:15| Comment(29) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

この手法も使えます

おはようございますー

ドル円に関してですが、相場は上下しつつ若干上に向かっていきそうな感じですが、今の時期ではまだレジスタンスを超えても様子見しつつ逆張りの動きになれば下へ、レジスタンスしっかり超える動きならば上へ、という臨機応変な見方も必要そうです

ファンダ的にもまだ不安定なので腰をすえてポジションを持つのはもう少し先かもしれません

相場は一直線にいきませんもんね

さて。そういう時でもトレードしたいんだい!!という方も多いかと思うんですけど

トレンドがしっかりしていない時などは特に短い足でやるしかないです

1時間足以下ですね

1時間足ではチャンスが少ないなら15分以下、究極は1分

今朝さきほどトレードしました
特に「私のトレード法」のメインではないのですが、かなりいい感じではあります
トレードにある程度の安心感が出てくるのでどんどんいいものは活用して自分のものにしていくのがいいですね

一番大事なのは・・・

なんのテクニカルでも自分のものにするでしょう

そうすれば、少々マニュアル通りの動きでなくても判断ができるようになるのでは、と思っています

そのトレードとは、下記のセミナーでもありますGMMAチャートを使用しました
ユーロ円gmma5分10.20.bmp
これは今朝のユーロ円5分足です

細かい説明はしろふくろうさんのところでありますのでそちらへどうぞ(逃げた)
(メタのダウンロードもできます、設定難しいですが丁寧にやればできます)

青色のMA達が一般投資家軍団、赤色のMA達は投機筋軍団、だそうです
簡単には赤が青を抜くとエントリーです
サポートは青
投機筋が先行で一般は後追いになりますね、なのでサポートは一般投資家軍団

一般がチカラつきて赤が抜いてきたらまた一般は後追いするのでこれがサポートになります
青を抜かない限り持ち続けるというのもできます

なので単純にこれでトレードとなります
移動平均線のクロスではありますが、精度はこちらが断然高そうで
これに自分のトレードを足してもいいですね

という訳で今朝は見た時はすでに赤が青を抜いていたのでエントリー
少し上がったら買値ストップでOCOかけました
136.35買い(スプレッドの為少し高く買いです)、136.50リミット
3万ドル程度で+4500円♪
これは私的にサポートとレジスタンスを使っています

いわゆる確実に決済に持っていく、です

チャートは青色のサポートはしっかりしていたのでもっと上がるだろうなと思ったらあと50pips上がったようです泣

その後を追加
ユーロ円その後10.20.bmp

でも5分足でも天井、底まで見ているとなるとけっこう30分は張り付かないといけないので頭と尻尾はくれてやることが私は多いです
(くれてやりすぎ!)

そこんところをもう少し伸ばせるように検証していきたいですね
この方法はスキャルもできますね

1時間足ではまだ弱いので欧州以降になるでしょうね
私は午前はこれにて終了します


自分が好きで自分にあった手法を見つけること、これが一番だと思います
人のいい手法でも居心地悪いものは長続きしません
それとやはりシンプルなものを見つける、でしょうか


ではー

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング



11月1日(土)2日(月)開催 ボリンジャーバンド&GMMAセミナーはコチラ
私の大好きなエリオット波動もやるそうです泣

ATIC@Tokyo ’08プロモーションサイト
経済セミナー









posted by みさ at 09:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

勝率(だけ)高いトレード法です

こんばんは

トレード方法の5分足での画像作りました
とりあえず今のところ私のトレードでもあり、また勝率の高い唯一の方法かなというものです

基本はブレイクアウトとエリオット波動を使います
ブレイクアウトとは何?という人はネットで検索するか、こちらの本も勉強にはなります
TFブレイクアウト

エリオット波動はネットで調べてみてください、山ほど出てきます・・
しろふくろうさんのブログでもこういったものを説明されてます。勉強になるブログなのでわからないからスルー!ではなく、理解する努力も必要かもしれません

またブレイクアウトは本や商材のFXでスマートにもうける技術で勉強しました。
商材は高いのでおススメという訳ではないですが、初心者には唯一いい商材だと思います
こちらでも十分です
FX初心者から一発逆転上級者へ←こっちのが読みやすい

超初心者用ですから中級者には必要ないですし、私もいくつも商材は買ったり見たりしましたけど・・・正直使えるものはほとんどないです
ヘタをすると大損もします

上記2つは基本を自分で勉強していくものなので、ラクにサインが出るものではないところがいいです(基本はネットでも調べられる内容でもあります)使いこなすにはそれでも努力はある程度いるかと思いますが
(広告みたいに貼って申し訳ないですが実際私が購入したものです。ま、以前は他にも大量に本、商材も購入しましたが・・遠い目)


このようなエントリーとなります
ドル円5分A.bmp
白でエントリー、最低ターゲットは105.03
始点が105.39です、そこから戻りが見えたら準備に入ります
ここでVができました
ブレイクアウトなので白でエントリーですが、ターゲットはエリオットやN波動などの波動での最小幅が105.39−105.13=26
26がまずはとれる幅とします
次に105.29−0.26=105.03

この26を足す始点が105.3913なのか29なのかそれはその時次第です
ただ、最低29からの計算はほぼ9割に近くとれることが多いです

波動は3回ほどあるので、トレンドが出れば持っていられます
この画像はMAをつけていますが、MAもサポートになっているのでまだ決済しなくてもいいね!とも言えます
私の場合はほとんどポジションをとって定期的に見ているのがイヤなので、さっさと逃げるわけです(で、他のことする)

見てなくもOCOでターゲットは設定できるんですけど、今の画像はきれいなチャートですので、いつ見てもこれが来るとは限りません
(でも5分なら夜だけでも見ていてもくるかと思います)

いくつかパターンがあるのですがこれは基本系です

当然ブレイクでよくやられるダマシもあり、といろいろありますが5分足だとエントリーまでは見ていられるはずなので、5分足なら1分足を見て、最初のヒゲは見送り、次か3回目あたりでエントリーが勝率がまたUPします

が!この画像の形がきたら、まずブレイクしてくれますし値幅とれる形です(つい手仕舞いするけど)
MAも上に並んでますしね、完全な下方向がピンクのVで判断できます
こういう場合は注文も大丈夫でしょう

計算式を上に書いたのは、理屈はこうです、という事でそうしました

では問題です
ドル円問題.bmp
矢印があるあたりで見たとします、どうしますか?

答え
ドル円の答えです.bmp

白でショートエントリー、ターゲットは105.18

こういう時もあります、こうなるともっともっとと利を伸ばしたりするとやられますね
これは1:1しか達成しなかったものです
それでも最低値幅はきっちりとれていますね

このように、その時によって達成ターゲットは違います

最近だんだん伸ばせるターゲットの形が見えてきたのでやり方変えていきたいとは思ってます

この場合はこう、とかいろいろあるんですが数こなしていけば気づいてくると思います

注意は、ブレイクとったのに、半分あたりで戻ってしまった例

普通5分足の1:1程度なら完全にブレイクすると勢いが早くあっという間に達成します
それが真ん中で止まったら一度そこで逃げるか、戻ってきたら売値で逃げるか
後でくることもありますが、戻ってしまい、最悪最高値(最安値)まで行ってしまう場合があります

そこを判断するのは、1分足でも直近安値割ってきた時です
トレンドは1分でも有効です。前回安値割れたら下落です
まー、めんどうなので動きが悪いぞと思ったらそこで5〜10でも逃げてもいいです

という感じですが、わかりますか??


ではー


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

優秀チャートとラインの引き方

えー、トレンドラインですが私が今使っているチャートは優秀です
(チャートは優秀ですが腕が・・)

先月からAFTを使っていましたがお試し期間終わったので今はDRAGON FXをデモで使っています

これはまったく同じチャートでGFT社のものです
FXは世界最大の市場なのでテニクカルで動きやすい、と言われています
というか世界の人がやってるので勉強って洋本や外国の人が多く使っているものと同じものを使うのが有効のようです
1ヶ月見ているとホントに引いた線上で必ず止まりますしその線上に動く事が多いです

すでに絶対無くてはならないチャートになっています(正直今はこれ開かないとトレードできない)

AFTに口座申請しましたが、ドラゴンFXにも申請しておきました
どちらかが何かあった時に即設定できるように保険です

個人口座での申し込みです
私的にはどちらかの口座を作って損はないと思っています
またそれぞれきちっとまとめますが、AFTは初回入金が30万、送金先は外国銀行で出金手数料は1500円
ドラゴンFXは初回が10万で送金先は国内大手銀行で出金手数料なしです

チャート機能を使う為ならまずは10万だけで済むほうがいいかなとも思ってます
難点はロールオーバー形式という毎日値洗いされるので非常にわかりにくい(わたしは)のですが慣れ、らしいです

そして開設出来たらあとはラインの練習です!

私はこのチャートでトレンドラインにフィボナッチを加えて見ています
フィボナッチも世界で広く使われるようです、ということはそれを見ている人が多い、という事です
同じものを見て同じようについていく、これは大事なことです
(フィボナッチが有効、というのもある方に教えていただきましたあ)

またこのフィボナッチも簡単にGFT社のチャートでは設定できます
(最初は計算してました・・恥)
またピボット表もエクセルで簡単に作っています(我流で作成)
たまーに参考に使う事あります

デイトレの逆指値をしようと思ってもこのチャートは楽に見る事ができますよ(最近円安トレンドと思ってやってないんですが今ならやってもいいです)

トレンドラインをきちっと引く練習ではある商材で勉強しました

それはお友達ブログさんで紹介されていたもので気になっていた
FXでスマートにもうける技術です

これを読んでまったくの初心者だったことがよーく解りました(恥)
一番大事なストップ位置が勉強できます
サインが出る商材ではなくて、基本とステップアップの勉強です
トレンドラインや抵抗線、支持線も勉強できます
一番の宝の商材と思ってマス
読んだからといって即ウハウハということではありません
自己判断で失敗することも当然ありますが自己判断の腕を磨く基本的なものです

どこでとる、どこでストップというのは何度もやって何度も見て実践でトライして・・勝率上げたりやダマシなども勉強していきます

この商材とある関西システムトレーダーさんに(ずっと読まれてる方はわかるかな?)ブレイクアウトやフィボナッチの有効さとトレンドフォローの大事さを教えてもらってから精神的にかなり楽になりました

損切りしても「次のチャンスを待てばとれる(はず)」事ができるようになってます
(切りすぎたけど・・がっかり)

昨日の相場で学んだのは不安定な時はテニクカルは重要視しないほうがいい、です
一度撤退はして、じっと待つことですね

政治的なものもあるのでそういう時は敏感にチャッチして大人しく・・がいいようです


では、私もがんばっていきます、トレードで悩む人あればこういう勉強もあると参考になれば幸いです


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
             コチラ
             ↓↓↓
人気blogランキング為替!コチラ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 09:53| Comment(19) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

最近のトレード法について

9月後半位から少しずつ勉強してきたものです
まだ今月100万突破です!と言ってないので書いても説得力なし!としていました

ですが勉強も実践段階に入っているので書いてみますね
2日に分けてコツコツ書いてましたので長いですっ

まずトレンドラインを引くことから始めました
日足、4時間、1時間、15分、5分と引きまくり流れを見る練習です
(たまに週足も見ますね)

夏の失敗を絶対に繰り返さない為には流れを読まないといけません
ちなみに8月分で引いて見ると・・121円でトレンド転換でした・・
はー・・金利差相場は秋まで続くという予測(勝手な)からの敗退です

このトレンドラインを引くといろんなものが見えてきます
きっちりそこで値動きが止まります(事が多い)
もちろんいくらでも線は抜けていきますが、一旦は必ず止まります

何度もやって止まるようになればたぶん引いたラインは正確になってくると思います
私の見た感じでは15分〜5分足のが正確のような気がします

あと、抵抗線と支持線を引きます

先日ポンド円でどうしようーーと切りました、というのは思っていた抵抗線を超えたのかどうかナゾだと思ったからです
また取り直せばいいです、と

抵抗線、支持線も検索すれば沢山出てきますヨ
しかしどこがその線なの?ですが、それはスイングなのかデイトレなのかで変わってきます
スイングなら日足でよいし、デイトレなら4時間〜15分まで。5分でもいいですがスキャルでないなら15分までがオススメです

最近は壁を突破(私が設定した抵抗線突破)するかどうかという事で動きを見ています
その抵抗線の中にフィボナッチ指数も入れていました
高値からの61.8、50、38.2戻しです
これを(壁と書いています)突破したらひとまず安心トレードかと
FXというのは市場が大きく、欧米が多いです
なので欧米で広く使われているものを使う、です。欧米人になりましょうっ
フィボナッチも検索したら沢山出てきます♪

そして
この続きはコチラです!
posted by みさ at 19:05| Comment(13) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

トレードの方法

昨日はさすがにFOMCの急上昇が大きすぎてそこからどうする?という感じの動きになりました

指標次第で動くのかもしれませんし、一度下げてくる可能性ありですね
少し様子見です

ユーロドルが好調でしたがこの辺で止まりました
オセアニアはもう少し強そうです、一旦下げたきたら少し買ってすぐに売ってもいいかな
ひき続き見ているのはオセアニアとユーロです
ドル円が116.4あたり越えてこないと上昇トレンドしっかりにはならないかと思うけれど、そこを抜けて上がっていくとも思えません
115.30台あたりを下回れば全クロス円ショートも考えます
(動きによって考え変えたらすみまぜん)

朝はランチ代トレードで豪ドル円で2,000円
5万で99.35で買い、危うそう(に思えた)ので4pips抜きです
所要時間10分位かな??
ホントのランチ代でーす
こういうのは少々後上がってもさっさと降りていいと思ってます
そういえばこういうのはいつも15分見て5分見て1分でとって1分で降りるという感じです
これもスキャルですね

ここ最近ずっと試行錯誤でいろいろ試してましたが、最近見ているのはトレンドラインを引く、という事です
8月などもこれを引いていれば早く逃げられたと反省して上での作業です
マネックスチャートでも引けますが、30、15分足が無いので他のチャートを申し込みました
いろいろブログを拝見するとAFT(デモですが)が良さそうと思ったのでここのチャートを使っています
また、他にもよさそうな口座あれば探してみます
また使ってみていいぞ!これは!と思えば記事にします

大きな流れでトレンドが出来ていればある程度安心してトレードができます、結構これはラインで判断もつく範囲です
というかラインが見えない通貨はやらない、という判断をしています
たとえばポンド円です
それとクロス円のドルストレートの動きも見るようにしています
ストレートが弱くなったらもう下降でしょうと判断

ただ、数分や短期でいこうと思えばどの通貨でもいいです
短期はポンドが向いてそうですし

今現在はというと・・
ドル円が下げてきそうなのですが、ストレートがまだ少し強い
ゆえ、ユーロやオセアニアが保っているようです

なんて感じでトレードの方法がどれが自分にあっているか、勝率が高いかを模索です

また今日のように不安定だなと思う日はローソク足だけで短期もいいかなです
スキャルには今月参った参ったーだったのですが、自分が読みやすそうと感じたら数pipsで抜けてもいいかなです

出来れば大きな動きに乗って行きたいので基本はスイング&デイトレですがどう動くかわからないけどトレード少ししよかなと思えばローソク足でたまにやろうかなです

前に朝によくランチ代とか命名してやっていたのは指標時と違い動きがゆっくりだからやりやすいからです
それと、東京はレンジ相場が多いからです

でも見方はスキャルの方と変らないのだろうと思います
私の場合はテニクカルを使った短期よりローソク足だけのが向いてるみたいデス
これでショートでの練習をやってみたいなあ
(でもゆっくりの動きでショートってなんか慣れないなあ)

あ、あと買った商材を口座を分けてちゃんと「まったくその通り!!」にもトレードしよかなと思います
サインが出たらまた書きますネ


ランキングに参加しています
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば応援クリックお願いします♪励みになります♪
             コチラ
             ↓↓↓
人気ブログランキング為替!コチラ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 09:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

私のトレードです(今までの)

9月から短期売買をテニクカルを使って練習していましたが大きくマイナスを作り2.3日悩んでおりましたが、どういう判断がいいのかは続けて検証はします
(こそっとリアルでやるとやっぱり負けます汗)

もう税金を払わなくていい〜とかいう開き直りも出てきてまーす

8月もほとんどトレード出来なかったのと新手法の勉強で実は自分のトレードを忘れている事に気付きました
そこで思い出す為にもここに書いていきたいと思います

まず初期のスイングは単純に安く買って高く売るです
そしてスキャルらしきものは朝一と欧州かNYの開始時間前後に席につければやる事もありますが、ほぼ私の場合は東京で終わる事は多かったです

使うテクニカルはマネックスのローソク足だけ
私は情報が一番早いのがローソク足だと思っています
そしておこがましいですがこの足で市場の声を聞くつもりでトレードしていました
たとえば反転した、上昇何度か試しているけど抑えられてる、とすると「上げたい人がチャレンジしているのかな、抑えチームもそうガツンはしていないなあ」ならばロングの用意という感じです

ものすごい裁量なので、たとえばテニクカルでだましにあった時よりも失敗すると頭に入りますし、結果悪くとも自己責任!というやつです
テニクカルのせいでもなく、人のせいでもなく100%自分です

シナリオも大まかに考えてです

朝にNYから下がってきたいたらロングです
数十分で決済に持って行きます、これがランチ代トレードですが
10時前までには終了させるので10時の時点で失敗は必ず損切りしていましたし、9時すぎに終了もあります
で、指値してお出かけです
NY時間はほとんどやっていませんでした
指標時に大きく下がる時だけ拾って決済という事くらいです

そして・・
この続きはコチラです!
posted by みさ at 11:38| Comment(26) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
D V D レ ン タ ル T S U T A Y A
最近ツタヤで見つけました!FX講座DVDを!借りてみると勉強になりました〜♪メモすればレンタルで十分です。ネット宅配は無料期間あり、その間にFXのDVD借りちゃいますかっ
私のトレード法: FPみさのFXで生活!とコツコツ資産運用計画

2011年08月29日

ドル円様子見とローソク足続き

ドル円については先日の記事から見方は変わっていません

しばらくもみあい風な上下はあるでしょうが、76.87から76.92くらいの上昇はあるかもしれません

ですがここに各時間足抵抗が重なっているので戻りのポイントになるかも


それとも上をつけずに下落かは午前の動きを見てもよくわかりません

どちらにしろ、もう少し落ちるのを待つ、というところです


ポンド円はそろそろ短期で下がりそうに見えますが、押し的な下げだろうと思われるのであまり狙わないでいいかと。5分足程度ならありですね。


今現在は下げはまだです




その判断は(勝手な)昨日書いたローソク足でお話します
あくまでワタシ流です。教科書でもなんでもないです。


ポンド円日足が切り下がってますが1時間、4時間は反発で切りあがってます

なので1時間か4時間で切り下がりが出たら下がるのかな?ということです

どちらにポジションをとるかを考えるのが私の場合は足です


どっちにポジションとるかが重要ですし^^;


簡単でしょ?

ただ、簡単に判断してるので・・


はずすことはあります、だって相場ですから

切り下がりと見せてまた上がるは当然あるので、そこはどうするかと言うと


撤退


そんな感じです


ラインだと線1本ですが、ローソク足だと1本1本が離れているので切りあがり切り下がりが見えやすいです
ローソク足を追っていくことで勝率が超悪いってことはありません。100%ではないですが。

足を追っていって、逆張りはそうありません。


ただそこに移動平均線やらオシレーターやらを入れて追っていきます(いってます)
移動平均線を見たり、フィボナッチを当てたりRCIで目先の底や天井か?を判断してます

足だけではどこまで行くかの予測は難しいですし。方向を読んでも。


なので、昨日まではこうだった、しかし今日は高値安値を破られたとなるとコロと考えを修正していく。相場についていくにはそんな風にその時その時を追う。


考えてみると単純だと思います^^


しかしいろんなテクニカルを装備しすぎると、それが見えなくなるということがあります


メンタル強化とよく言いますが、単純にこうだからこうとしておくとメンタル云々とか強化せずともルール決め的な感じでトレードができます


あちゃー、失敗><;
なんてことは定期的にありますが、損をしたらやっぱりがっかりします

そんなことのメンタルを強化せずともいいのではないでしょうか??^^;
(どやって強化するのか??悟りですかね、やっぱり)


で、がっかりして他のテクニカルをひっぱってこなくてもいい


目をスクエアにしてもう一度足を見る、それだけなんです


という感じです^^

今日は様子見でいくと思います


ではー


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪更新の励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 12:05| Comment(4) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

ローソク足が重要だと思うの

ちょいとさくっと書いてみます

わたしが最近重要視しているのは、ローソク足です

と言いつつ各テクニカルは使っているのでローソク足でなくてラインだとしても分析はできますし、いわゆるローソク足の酒田五法!て訳でもありません

酒田五法の本を借りて読んだりはしました。確かにいい本だと思います

利にかなってるパターンを書いているので、勉強される方はいいと思いますが、酒田五法だけでもまた100%の勝率はムリです。(だと思う)

ただしっかり勉強すれば60%か良くて70%くらいの勝率はとれるのかもしれないかな??



ヒゲをすごく重要視しているわけではないです


ワタシ的に、だけなのですが

月足、週足、日足を常に見ますが、その足がひとつ、ふたつ、みっつほど前の足を見て今の足を見ます

どの足も一緒なので5分足なら15分足の3本ほど前から今の足を見ます

それは安値が切り下がっているのか?

高値が切りあがっているのか?

水平なのか?

一時反転したときの足の形とか


たとえば前の足がその前より高値も安値も超えているというわけわかんない形だとすると、どちらも前日をブレイクしているので、どちらにも行く可能性があるので方向を決めない

とか


ヒゲも一応高値安値が続いたあとに2本くらい出たら反転?くらいの意識は持ちます


たとえば切りあがっているのに売らない、切り下がっているのに買わない


という単純な考えでもありです


ストップ位置はみなさんご存知ですよね、安値、高値の外です


なのでわたしは切りあがっているのに少々下げがあっても売らない、逆も


という感じで見ています


相場に素直についていく、突発的な動きやニュースには勝てないのでそこは仕方ありません


あとラインも重要なのでそれはあれこれ引いて自分で判断しかありません


なので基本逆張りではありません、するとしたらターゲット最大??って思ったときだけです


そんな感じなので天井狙い、底狙い、MA逆張り、トレンドライン逆張りもしていません


するとしたらそこにターゲットがあるとき

という感じです


アバウトな文章ですが、たとえばドル円は高値安値が切り下がったので下へいきそうだ

しかし76円割れの安値は切ってないので上昇する可能性はまだある

これを割れるまでは上昇する可能性を考えて、でも時間足では日足で切り下がりが出ているので下がるかもしれない、ただ安値割れではないので売ってもあまり追わないようにしよう。理由は安値割れでないから買う場面が出てくるかも

もし安値割れたらそこで考えを変えよう


という風に考えます


てな感じです


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪更新の励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング


posted by みさ at 20:25| Comment(6) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

トレードの勉強

トレードの勉強方法が知りたいと思う人は多いかと思います

でも勉強と言っても、勝ってる人は案外ひとつの方法をつきつめた人が多いのでここんとこが難しい

私はまだ勝ってる人だとはまったく思ってないので、試行錯誤は継続中です
でも何か役にたてれば幸いなので、やってきた事をこのカテゴリに書いていきます

まず先にどん底の日を知ってる人は知っている、最近訪れてくれる方は知らない(あたり前)という事でおととしの記事です
2007年9月5日の日記
この日はFX撤退を真剣に考えた日でもありました
泣いたことはないですが、顔に斜線はずっと入ってましたけど!
大損出したから、それでもうこんなこと今後無いことはないです
その後も損出し続けるものです・・

9月あたりから冬の間特に苦しんでいた頃ですので(若干廃人)そのあたりを読んでもらえればわかります、でもけっこう苦しむのは長く続いた気がします

まずやりなおしと決めると今までのやり方を変えなければ、と思いますよね
いろいろ親切に教えてくれる方もあったのですが、どうにもマネしても勝てない。なんで負けるの??混乱!

セミナーへも行ったりしました
そこからテクニカルを使うトレードの練習になりました

本も色々読んだのですが、欲張っていろんなのを見すぎて何が正しい?になったり

という道をたどってきたのですが・・

自分が好きなテクニカルでないと、どうにもやりたくないのが解ったのでだんだんと見るところが少なくなってきました

私は先物市場のテクニカル本が一番好きです
相場のパターンをまず勉強しました
基本のパターンとして、ウェッジ、トライアングル、などなど
そして私はトレンドラインを必ず見るようにしているので、それは毎日引いてました

最初はパターンからのブレイクを狙うことだけを見ていました
ダウ理論も基本として

そのうちダマシも多いことがわかってきて(負けて)消極的になったり狙ったりとまちまち

トレンドラインというものを引くとそれでトレード出来なくても、法則があるのに気づきます

なので、毎日上のライン、下のライン、チャネルなどを引いたりしました(でもそれだけのトレードは難しいのでおススメしません)

その繰り返しでラインはブレイクよりもターゲットに使うほうがいいと気づきがあったり

それが一歩

まずは、自分の好きと思えるものを毎日引き続けるというか設定し続ける。わけわかんなくてもすぐに捨てずにまあ設定してみる
好みのテクニカルなら続けられるはずです

今使ってるテクニカルはボリンジャーバンド、移動平均線、RSI、ADX、RCI、フィボナッチです。
全部チェックはしません、必要な時に必要なものを・・て感じです


一目均衡表とかMACDとかも試してみたりしましたけど今のところ上記のがメインですが、たまに他のを確認で見たりはします。
どれも一緒なんで好きかどうかだけの問題だと思います

今現在検証しているものもあるのでおいおい理解したいのですが、少し前も上記のテクニカルを検証してたんですけど、やり方としては実はすごくアナログです大汗

わたしは調べたい時は、時間がとれる時の日曜日です
相場が休みの日にやります。土曜でもいいです。
何をやったかというと・・

チャートの天井、底などのパターンを見たり

その時のテニクカルの状態を見たりしました

ラインを引いたりとか、移動平均線を見たり

で、以前から10cmほどの小さいノートに手法を書き綴ったのがあるんですが1冊目は2年ほど前にパターンなどを書いたもの(最近ぜんぜん見てないな・・)

2冊目は去年に上記日曜に書いた絵やらパターンを書いて作ってみました
(字はきちゃないし、絵もきちゃない)
2冊目はルールとかも書いてます

3冊めのノート作りたいなという最近です。今見てる検証ができれば。

相場は読めないので、はずすことも多いですが過去の動きから予測するしかありません

2冊目作りの時は、チャートのコピーを数十枚したと思います
簡単にジグザグ書いてるだけですが

とえらそうに書きましたが、コピーとかやったのは2週間程度です汗
今はぜんぜんやってません大汗
飽き性でもあるので、継続が・・・笑

トレードも新しい事やると必ず負けますね・・
2,3検証してわかった!と思ってやっても2,3じゃーだめなんですね
何度も見ないと新しいやり方は勝てません

でも失敗してわかることもあるので、いちおうやらねば笑

わたしはデモでは身にならないのでリアルです
一番の敵はメンタルなのでデモではその敵がいないので参考にならないからです

えっとこういう流れです

要は、本など読んで好きと思えるテニクカルを2,3選ぶ

それを毎日設定しつづける

どういう時がどういう動きをするのか時間あれば見る

(ベテランは最初は10時間以上見るとか聞きますが、仕事人が使えるのは土日です、一時遊ぶの控えて貴重な土日を使う努力もありです。また平日の夜にチャートのスクロールを止めて過去をみるのもよし)

自分の視覚的に見やすいものを選ぶ

相場の基本は一応知っておく
(抵抗線、トレンドライン、移動平均線、パターン、ブレイクアウトなど)過去チャートに当てはめるとよいでしょう

そして勝ちパターンを見つけていく、という感じでしょうか
聖杯はどうやら人によって違うみたいですよ

えらそうに書きましたが、わたしも負ける時はガツンと負けますが・・

という事です

またおいおい追加あれば書いてみます

ではー



ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング


posted by みさ at 23:15| Comment(29) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

この手法も使えます

おはようございますー

ドル円に関してですが、相場は上下しつつ若干上に向かっていきそうな感じですが、今の時期ではまだレジスタンスを超えても様子見しつつ逆張りの動きになれば下へ、レジスタンスしっかり超える動きならば上へ、という臨機応変な見方も必要そうです

ファンダ的にもまだ不安定なので腰をすえてポジションを持つのはもう少し先かもしれません

相場は一直線にいきませんもんね

さて。そういう時でもトレードしたいんだい!!という方も多いかと思うんですけど

トレンドがしっかりしていない時などは特に短い足でやるしかないです

1時間足以下ですね

1時間足ではチャンスが少ないなら15分以下、究極は1分

今朝さきほどトレードしました
特に「私のトレード法」のメインではないのですが、かなりいい感じではあります
トレードにある程度の安心感が出てくるのでどんどんいいものは活用して自分のものにしていくのがいいですね

一番大事なのは・・・

なんのテクニカルでも自分のものにするでしょう

そうすれば、少々マニュアル通りの動きでなくても判断ができるようになるのでは、と思っています

そのトレードとは、下記のセミナーでもありますGMMAチャートを使用しました
ユーロ円gmma5分10.20.bmp
これは今朝のユーロ円5分足です

細かい説明はしろふくろうさんのところでありますのでそちらへどうぞ(逃げた)
(メタのダウンロードもできます、設定難しいですが丁寧にやればできます)

青色のMA達が一般投資家軍団、赤色のMA達は投機筋軍団、だそうです
簡単には赤が青を抜くとエントリーです
サポートは青
投機筋が先行で一般は後追いになりますね、なのでサポートは一般投資家軍団

一般がチカラつきて赤が抜いてきたらまた一般は後追いするのでこれがサポートになります
青を抜かない限り持ち続けるというのもできます

なので単純にこれでトレードとなります
移動平均線のクロスではありますが、精度はこちらが断然高そうで
これに自分のトレードを足してもいいですね

という訳で今朝は見た時はすでに赤が青を抜いていたのでエントリー
少し上がったら買値ストップでOCOかけました
136.35買い(スプレッドの為少し高く買いです)、136.50リミット
3万ドル程度で+4500円♪
これは私的にサポートとレジスタンスを使っています

いわゆる確実に決済に持っていく、です

チャートは青色のサポートはしっかりしていたのでもっと上がるだろうなと思ったらあと50pips上がったようです泣

その後を追加
ユーロ円その後10.20.bmp

でも5分足でも天井、底まで見ているとなるとけっこう30分は張り付かないといけないので頭と尻尾はくれてやることが私は多いです
(くれてやりすぎ!)

そこんところをもう少し伸ばせるように検証していきたいですね
この方法はスキャルもできますね

1時間足ではまだ弱いので欧州以降になるでしょうね
私は午前はこれにて終了します


自分が好きで自分にあった手法を見つけること、これが一番だと思います
人のいい手法でも居心地悪いものは長続きしません
それとやはりシンプルなものを見つける、でしょうか


ではー

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング



11月1日(土)2日(月)開催 ボリンジャーバンド&GMMAセミナーはコチラ
私の大好きなエリオット波動もやるそうです泣

ATIC@Tokyo ’08プロモーションサイト
経済セミナー









posted by みさ at 09:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

勝率(だけ)高いトレード法です

こんばんは

トレード方法の5分足での画像作りました
とりあえず今のところ私のトレードでもあり、また勝率の高い唯一の方法かなというものです

基本はブレイクアウトとエリオット波動を使います
ブレイクアウトとは何?という人はネットで検索するか、こちらの本も勉強にはなります
TFブレイクアウト

エリオット波動はネットで調べてみてください、山ほど出てきます・・
しろふくろうさんのブログでもこういったものを説明されてます。勉強になるブログなのでわからないからスルー!ではなく、理解する努力も必要かもしれません

またブレイクアウトは本や商材のFXでスマートにもうける技術で勉強しました。
商材は高いのでおススメという訳ではないですが、初心者には唯一いい商材だと思います
こちらでも十分です
FX初心者から一発逆転上級者へ←こっちのが読みやすい

超初心者用ですから中級者には必要ないですし、私もいくつも商材は買ったり見たりしましたけど・・・正直使えるものはほとんどないです
ヘタをすると大損もします

上記2つは基本を自分で勉強していくものなので、ラクにサインが出るものではないところがいいです(基本はネットでも調べられる内容でもあります)使いこなすにはそれでも努力はある程度いるかと思いますが
(広告みたいに貼って申し訳ないですが実際私が購入したものです。ま、以前は他にも大量に本、商材も購入しましたが・・遠い目)


このようなエントリーとなります
ドル円5分A.bmp
白でエントリー、最低ターゲットは105.03
始点が105.39です、そこから戻りが見えたら準備に入ります
ここでVができました
ブレイクアウトなので白でエントリーですが、ターゲットはエリオットやN波動などの波動での最小幅が105.39−105.13=26
26がまずはとれる幅とします
次に105.29−0.26=105.03

この26を足す始点が105.3913なのか29なのかそれはその時次第です
ただ、最低29からの計算はほぼ9割に近くとれることが多いです

波動は3回ほどあるので、トレンドが出れば持っていられます
この画像はMAをつけていますが、MAもサポートになっているのでまだ決済しなくてもいいね!とも言えます
私の場合はほとんどポジションをとって定期的に見ているのがイヤなので、さっさと逃げるわけです(で、他のことする)

見てなくもOCOでターゲットは設定できるんですけど、今の画像はきれいなチャートですので、いつ見てもこれが来るとは限りません
(でも5分なら夜だけでも見ていてもくるかと思います)

いくつかパターンがあるのですがこれは基本系です

当然ブレイクでよくやられるダマシもあり、といろいろありますが5分足だとエントリーまでは見ていられるはずなので、5分足なら1分足を見て、最初のヒゲは見送り、次か3回目あたりでエントリーが勝率がまたUPします

が!この画像の形がきたら、まずブレイクしてくれますし値幅とれる形です(つい手仕舞いするけど)
MAも上に並んでますしね、完全な下方向がピンクのVで判断できます
こういう場合は注文も大丈夫でしょう

計算式を上に書いたのは、理屈はこうです、という事でそうしました

では問題です
ドル円問題.bmp
矢印があるあたりで見たとします、どうしますか?

答え
ドル円の答えです.bmp

白でショートエントリー、ターゲットは105.18

こういう時もあります、こうなるともっともっとと利を伸ばしたりするとやられますね
これは1:1しか達成しなかったものです
それでも最低値幅はきっちりとれていますね

このように、その時によって達成ターゲットは違います

最近だんだん伸ばせるターゲットの形が見えてきたのでやり方変えていきたいとは思ってます

この場合はこう、とかいろいろあるんですが数こなしていけば気づいてくると思います

注意は、ブレイクとったのに、半分あたりで戻ってしまった例

普通5分足の1:1程度なら完全にブレイクすると勢いが早くあっという間に達成します
それが真ん中で止まったら一度そこで逃げるか、戻ってきたら売値で逃げるか
後でくることもありますが、戻ってしまい、最悪最高値(最安値)まで行ってしまう場合があります

そこを判断するのは、1分足でも直近安値割ってきた時です
トレンドは1分でも有効です。前回安値割れたら下落です
まー、めんどうなので動きが悪いぞと思ったらそこで5〜10でも逃げてもいいです

という感じですが、わかりますか??


ではー


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

優秀チャートとラインの引き方

えー、トレンドラインですが私が今使っているチャートは優秀です
(チャートは優秀ですが腕が・・)

先月からAFTを使っていましたがお試し期間終わったので今はDRAGON FXをデモで使っています

これはまったく同じチャートでGFT社のものです
FXは世界最大の市場なのでテニクカルで動きやすい、と言われています
というか世界の人がやってるので勉強って洋本や外国の人が多く使っているものと同じものを使うのが有効のようです
1ヶ月見ているとホントに引いた線上で必ず止まりますしその線上に動く事が多いです

すでに絶対無くてはならないチャートになっています(正直今はこれ開かないとトレードできない)

AFTに口座申請しましたが、ドラゴンFXにも申請しておきました
どちらかが何かあった時に即設定できるように保険です

個人口座での申し込みです
私的にはどちらかの口座を作って損はないと思っています
またそれぞれきちっとまとめますが、AFTは初回入金が30万、送金先は外国銀行で出金手数料は1500円
ドラゴンFXは初回が10万で送金先は国内大手銀行で出金手数料なしです

チャート機能を使う為ならまずは10万だけで済むほうがいいかなとも思ってます
難点はロールオーバー形式という毎日値洗いされるので非常にわかりにくい(わたしは)のですが慣れ、らしいです

そして開設出来たらあとはラインの練習です!

私はこのチャートでトレンドラインにフィボナッチを加えて見ています
フィボナッチも世界で広く使われるようです、ということはそれを見ている人が多い、という事です
同じものを見て同じようについていく、これは大事なことです
(フィボナッチが有効、というのもある方に教えていただきましたあ)

またこのフィボナッチも簡単にGFT社のチャートでは設定できます
(最初は計算してました・・恥)
またピボット表もエクセルで簡単に作っています(我流で作成)
たまーに参考に使う事あります

デイトレの逆指値をしようと思ってもこのチャートは楽に見る事ができますよ(最近円安トレンドと思ってやってないんですが今ならやってもいいです)

トレンドラインをきちっと引く練習ではある商材で勉強しました

それはお友達ブログさんで紹介されていたもので気になっていた
FXでスマートにもうける技術です

これを読んでまったくの初心者だったことがよーく解りました(恥)
一番大事なストップ位置が勉強できます
サインが出る商材ではなくて、基本とステップアップの勉強です
トレンドラインや抵抗線、支持線も勉強できます
一番の宝の商材と思ってマス
読んだからといって即ウハウハということではありません
自己判断で失敗することも当然ありますが自己判断の腕を磨く基本的なものです

どこでとる、どこでストップというのは何度もやって何度も見て実践でトライして・・勝率上げたりやダマシなども勉強していきます

この商材とある関西システムトレーダーさんに(ずっと読まれてる方はわかるかな?)ブレイクアウトやフィボナッチの有効さとトレンドフォローの大事さを教えてもらってから精神的にかなり楽になりました

損切りしても「次のチャンスを待てばとれる(はず)」事ができるようになってます
(切りすぎたけど・・がっかり)

昨日の相場で学んだのは不安定な時はテニクカルは重要視しないほうがいい、です
一度撤退はして、じっと待つことですね

政治的なものもあるのでそういう時は敏感にチャッチして大人しく・・がいいようです


では、私もがんばっていきます、トレードで悩む人あればこういう勉強もあると参考になれば幸いです


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
             コチラ
             ↓↓↓
人気blogランキング為替!コチラ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 09:53| Comment(19) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

最近のトレード法について

9月後半位から少しずつ勉強してきたものです
まだ今月100万突破です!と言ってないので書いても説得力なし!としていました

ですが勉強も実践段階に入っているので書いてみますね
2日に分けてコツコツ書いてましたので長いですっ

まずトレンドラインを引くことから始めました
日足、4時間、1時間、15分、5分と引きまくり流れを見る練習です
(たまに週足も見ますね)

夏の失敗を絶対に繰り返さない為には流れを読まないといけません
ちなみに8月分で引いて見ると・・121円でトレンド転換でした・・
はー・・金利差相場は秋まで続くという予測(勝手な)からの敗退です

このトレンドラインを引くといろんなものが見えてきます
きっちりそこで値動きが止まります(事が多い)
もちろんいくらでも線は抜けていきますが、一旦は必ず止まります

何度もやって止まるようになればたぶん引いたラインは正確になってくると思います
私の見た感じでは15分〜5分足のが正確のような気がします

あと、抵抗線と支持線を引きます

先日ポンド円でどうしようーーと切りました、というのは思っていた抵抗線を超えたのかどうかナゾだと思ったからです
また取り直せばいいです、と

抵抗線、支持線も検索すれば沢山出てきますヨ
しかしどこがその線なの?ですが、それはスイングなのかデイトレなのかで変わってきます
スイングなら日足でよいし、デイトレなら4時間〜15分まで。5分でもいいですがスキャルでないなら15分までがオススメです

最近は壁を突破(私が設定した抵抗線突破)するかどうかという事で動きを見ています
その抵抗線の中にフィボナッチ指数も入れていました
高値からの61.8、50、38.2戻しです
これを(壁と書いています)突破したらひとまず安心トレードかと
FXというのは市場が大きく、欧米が多いです
なので欧米で広く使われているものを使う、です。欧米人になりましょうっ
フィボナッチも検索したら沢山出てきます♪

そして
この続きはコチラです!
posted by みさ at 19:05| Comment(13) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

トレードの方法

昨日はさすがにFOMCの急上昇が大きすぎてそこからどうする?という感じの動きになりました

指標次第で動くのかもしれませんし、一度下げてくる可能性ありですね
少し様子見です

ユーロドルが好調でしたがこの辺で止まりました
オセアニアはもう少し強そうです、一旦下げたきたら少し買ってすぐに売ってもいいかな
ひき続き見ているのはオセアニアとユーロです
ドル円が116.4あたり越えてこないと上昇トレンドしっかりにはならないかと思うけれど、そこを抜けて上がっていくとも思えません
115.30台あたりを下回れば全クロス円ショートも考えます
(動きによって考え変えたらすみまぜん)

朝はランチ代トレードで豪ドル円で2,000円
5万で99.35で買い、危うそう(に思えた)ので4pips抜きです
所要時間10分位かな??
ホントのランチ代でーす
こういうのは少々後上がってもさっさと降りていいと思ってます
そういえばこういうのはいつも15分見て5分見て1分でとって1分で降りるという感じです
これもスキャルですね

ここ最近ずっと試行錯誤でいろいろ試してましたが、最近見ているのはトレンドラインを引く、という事です
8月などもこれを引いていれば早く逃げられたと反省して上での作業です
マネックスチャートでも引けますが、30、15分足が無いので他のチャートを申し込みました
いろいろブログを拝見するとAFT(デモですが)が良さそうと思ったのでここのチャートを使っています
また、他にもよさそうな口座あれば探してみます
また使ってみていいぞ!これは!と思えば記事にします

大きな流れでトレンドが出来ていればある程度安心してトレードができます、結構これはラインで判断もつく範囲です
というかラインが見えない通貨はやらない、という判断をしています
たとえばポンド円です
それとクロス円のドルストレートの動きも見るようにしています
ストレートが弱くなったらもう下降でしょうと判断

ただ、数分や短期でいこうと思えばどの通貨でもいいです
短期はポンドが向いてそうですし

今現在はというと・・
ドル円が下げてきそうなのですが、ストレートがまだ少し強い
ゆえ、ユーロやオセアニアが保っているようです

なんて感じでトレードの方法がどれが自分にあっているか、勝率が高いかを模索です

また今日のように不安定だなと思う日はローソク足だけで短期もいいかなです
スキャルには今月参った参ったーだったのですが、自分が読みやすそうと感じたら数pipsで抜けてもいいかなです

出来れば大きな動きに乗って行きたいので基本はスイング&デイトレですがどう動くかわからないけどトレード少ししよかなと思えばローソク足でたまにやろうかなです

前に朝によくランチ代とか命名してやっていたのは指標時と違い動きがゆっくりだからやりやすいからです
それと、東京はレンジ相場が多いからです

でも見方はスキャルの方と変らないのだろうと思います
私の場合はテニクカルを使った短期よりローソク足だけのが向いてるみたいデス
これでショートでの練習をやってみたいなあ
(でもゆっくりの動きでショートってなんか慣れないなあ)

あ、あと買った商材を口座を分けてちゃんと「まったくその通り!!」にもトレードしよかなと思います
サインが出たらまた書きますネ


ランキングに参加しています
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば応援クリックお願いします♪励みになります♪
             コチラ
             ↓↓↓
人気ブログランキング為替!コチラ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 09:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

私のトレードです(今までの)

9月から短期売買をテニクカルを使って練習していましたが大きくマイナスを作り2.3日悩んでおりましたが、どういう判断がいいのかは続けて検証はします
(こそっとリアルでやるとやっぱり負けます汗)

もう税金を払わなくていい〜とかいう開き直りも出てきてまーす

8月もほとんどトレード出来なかったのと新手法の勉強で実は自分のトレードを忘れている事に気付きました
そこで思い出す為にもここに書いていきたいと思います

まず初期のスイングは単純に安く買って高く売るです
そしてスキャルらしきものは朝一と欧州かNYの開始時間前後に席につければやる事もありますが、ほぼ私の場合は東京で終わる事は多かったです

使うテクニカルはマネックスのローソク足だけ
私は情報が一番早いのがローソク足だと思っています
そしておこがましいですがこの足で市場の声を聞くつもりでトレードしていました
たとえば反転した、上昇何度か試しているけど抑えられてる、とすると「上げたい人がチャレンジしているのかな、抑えチームもそうガツンはしていないなあ」ならばロングの用意という感じです

ものすごい裁量なので、たとえばテニクカルでだましにあった時よりも失敗すると頭に入りますし、結果悪くとも自己責任!というやつです
テニクカルのせいでもなく、人のせいでもなく100%自分です

シナリオも大まかに考えてです

朝にNYから下がってきたいたらロングです
数十分で決済に持って行きます、これがランチ代トレードですが
10時前までには終了させるので10時の時点で失敗は必ず損切りしていましたし、9時すぎに終了もあります
で、指値してお出かけです
NY時間はほとんどやっていませんでした
指標時に大きく下がる時だけ拾って決済という事くらいです

そして・・
この続きはコチラです!
posted by みさ at 11:38| Comment(26) | TrackBack(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
D V D レ ン タ ル T S U T A Y A
最近ツタヤで見つけました!FX講座DVDを!借りてみると勉強になりました〜♪メモすればレンタルで十分です。ネット宅配は無料期間あり、その間にFXのDVD借りちゃいますかっ