2020年06月17日

Nを探せとフィボナッチ

私のトレードは案外単純なものです

勉強されてる方なら当然知ってることだと思いますしネットでも沢山トレード法についてありますね

基本はNです

相場はNで動いています
もみあいでも小さい足ではトレンドが出てることもよくあります

N波動.jpg

N波動です

E波動もありますがN波動の勝率は7割にのぼるかなと思う

ここでターゲットを決めます

例として

N計算値.png

フィボナッチでターゲットを考えます
フィボナッチエクスパンションでも引けます

同じように

N計算値2.png

この2点はよくトレンドが出ていますね、ターゲットとしてはE計算値〜以上までいってます
でも相場はいつも伸びるということはないです

他の時間足のMAの位置なども確認しておくことが大事
抵抗があると未達成もあります

E計算値とN計算値だと勝率はどちらが高いかということも含め、自分のトレードスタイルを考えてどうするか選ぶ

ずっと追うのは時間がない、指値しておいておけると判断などなど
伸ばさなくても見ている間に終わりたいのだなど

私は最近はさくっと終わりたいことも多いので最短まででいい、ということもよくあります

利を伸ばせと言いますが、絶対そうしないといけないことはなく自分流大事です

ということで!

モチベーションのためふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん


posted by みさ at 16:48| Comment(6) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

RCIとRSI

MT4を使っていますが、RCIとRSIを入れています

RCI

これは使いこなすの難しいオシレーターだと思います
これを入れてしばらく、RCIのせいで(笑)何度失敗したことか・・
でもずっと入れてます
RCIでポジションを取ることはないですが、無くてはならないものです

レベル設定を上下100、そして0の3つ

個人的に0の位置を注意しています
設定すると真ん中にラインができます
中期を特に見ますが、0までは上下いくことは多いです
下がってるからこのまま下がる、上がってるからこのまま100に近づくかな〜(単純にRCI天底のね)

と思ったら大間違い、そんなキレイになるかっ

0の位置はここまでで終わることもあるということを頭に入れておきます

トレンドが出ているときのクセのような形もありますが、もうそれは見続けてください←逃げた

ただ1分足のトレードの場合はRCIを見ながらいきます
デカ!ていうくらい大きくします

1分はきっちり3本の動きについていきます、短期が天底付きやすいのでそれで決済です
これは使えますがスピードについていかないとあっという間に動きますよ
RCIもサブ的なものなので、きれいな形でないと特に見なくてもいいと思いますが短期が天底についていたら
やっぱり反転しますよね

オシレーターを信じすぎるといけないけど、補助的にはひとつはあったほうがいいですね


RSI

こちらは普段は邪魔なので隠してます
トレンドが出ているときに大きくして、ダイバージェンスが出ているか確認します

それだけです


モチベーションのためふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん

posted by みさ at 16:43| Comment(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

ドル円ここから

(この記事はトレード法のカテゴリに移動しておきます)


日足、4時間足を見るとドル円上がってくるかなと見えます

戻りなのかそれともですけど

MAがごちゃごちゃしてるので今日は特に動きはないかな金曜だし

今日は動きが小さかったのでもうトレードチャンスは無さそうと思ってたのですが

夕方ちらっと見たらチャンスがあったのでやりました、売って3pipsです
106.345売りの3pipsで決済
レバレッジ上げてるのでこれでも日当程度にはなります

ちょっと余裕あるので画像コピーしてみました

昨日移動平均線について少し書きました、関係あります

ドル円1時間足.png

このやり方はイレギュラーです、通常はこんなトレードのやり方ではないけどまれにこういうこともやります
昨日21、55線を越えたらその方向と書きました
でも超えたからと言って売ったり買ったりしたら損しますね、しょっちゅう交差することあるし

見た時にたまたま21,55線を1時間足が下回ってました
でも1時間足確定にはまだ40分くらいあります、不確定です

でも下回っているので即売り、すぐに決済
(プチ分析はやってますけど)2、3くらいいくなと判断しました

なぜ即決済かというと、足が確定してないからです。戻って陽線になることもありますよね

ごはん食べてさっきコピーしました

ドル円1時間A.png

その1時間足は引き戻されてます
こんなローソク足では下がりません

なので即決済です

もちろんMAのみではなく、RCIも見ています
すぐに1,5分足のRCIをチェックします
幸運だと2,3分で終了です

もっとどんどんいくこともありますし、そのほうが多いのかな?
でも不確定なトレードを狙う時は決めたところで必ず降りる、でないとレバレッジかけて痛い目にあいます
もっととれたのに・・・は思わないこともルールです
そう思ってるうちは勝率は上がりません、こんなイレギュラートレードに限っては汗

淡々とやる、ですね

変なやり方ですよね(笑)
チャートを見てるうちに気づいたひとつの経験値です(笑)
もちろん100%の確率ではないですが8〜9割というところでしょうか

数pips狙いは確率命なので^^;

今日は相場ももう見ないし少し余裕あったので画像出してみました^^

ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん

posted by みさ at 20:30| Comment(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

まずは移動平均線

トレード法は一人一人違うはずです、星の数ほど手法というものもありますよね

FXを始めて私もいろんなやり方を試してきました
聖杯探し^^;

以前からやり方は基本は変わってませんが少しずつは足したり引いたりして今はこう、ということです

まず一番大事にしているのが移動平均線

MAとEMAを組み合わせてますが正直どんな組み合わせでもいいのです

自分の目が見やすいなと感じた平均線をとにかく見ること


私の場合は

21MA
55EMA
この二つは一番重要としています

追加で75、140、200EMA
これはサポート&ターゲットですね、特に140は止まるところ(MAでもいいとは思います、私がEMAが好きなので)

一番強いのは21と55のクロス、トレンド状態
これは解りやすいですね

もみあいの時に注意しているのは各移動平均線の幅と順番です
これが広い、バラバラだとトレンドは出ません
狭いとブレイクする可能性があります

さらに

21と55(50でもいい)を割るとまずその方向へ動きます
それが押し目戻りか、反転かはそのほかも見て判断します

どのインディケーターでも移動平均線でも言えますが、いろいろやってみて相性良さそうなものが見つかれば
変えずに見続けることが大事です
過程の段階ならいろいろやることも見つけるために必要な道ですが、だいたいやってきたら!

それを使い続ける

これに尽きます

(あれこれ変えている段階ではトレードは少額でやらないと絶対損します。なぜなら聖杯はやり続けた後に少し見えてくる)

あ、私も聖杯というほどのものは無いですけど汗

私の場合は、うーんこれは・・と思う時昔からですがチャートを少し離して遠目から見ることもあります(笑)
顎に手おいて(笑)
MAの流れというか←どーいうこと!
形を見たりします

とりあえず基本は21.55より上か下かでトレードの方向を決めます

ということでいったんここまで^^

ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん


posted by みさ at 21:03| Comment(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
私のトレード法: FPみさのFXで生活!とコツコツ資産運用計画

2020年06月17日

Nを探せとフィボナッチ

私のトレードは案外単純なものです

勉強されてる方なら当然知ってることだと思いますしネットでも沢山トレード法についてありますね

基本はNです

相場はNで動いています
もみあいでも小さい足ではトレンドが出てることもよくあります

N波動.jpg

N波動です

E波動もありますがN波動の勝率は7割にのぼるかなと思う

ここでターゲットを決めます

例として

N計算値.png

フィボナッチでターゲットを考えます
フィボナッチエクスパンションでも引けます

同じように

N計算値2.png

この2点はよくトレンドが出ていますね、ターゲットとしてはE計算値〜以上までいってます
でも相場はいつも伸びるということはないです

他の時間足のMAの位置なども確認しておくことが大事
抵抗があると未達成もあります

E計算値とN計算値だと勝率はどちらが高いかということも含め、自分のトレードスタイルを考えてどうするか選ぶ

ずっと追うのは時間がない、指値しておいておけると判断などなど
伸ばさなくても見ている間に終わりたいのだなど

私は最近はさくっと終わりたいことも多いので最短まででいい、ということもよくあります

利を伸ばせと言いますが、絶対そうしないといけないことはなく自分流大事です

ということで!

モチベーションのためふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん


posted by みさ at 16:48| Comment(6) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

RCIとRSI

MT4を使っていますが、RCIとRSIを入れています

RCI

これは使いこなすの難しいオシレーターだと思います
これを入れてしばらく、RCIのせいで(笑)何度失敗したことか・・
でもずっと入れてます
RCIでポジションを取ることはないですが、無くてはならないものです

レベル設定を上下100、そして0の3つ

個人的に0の位置を注意しています
設定すると真ん中にラインができます
中期を特に見ますが、0までは上下いくことは多いです
下がってるからこのまま下がる、上がってるからこのまま100に近づくかな〜(単純にRCI天底のね)

と思ったら大間違い、そんなキレイになるかっ

0の位置はここまでで終わることもあるということを頭に入れておきます

トレンドが出ているときのクセのような形もありますが、もうそれは見続けてください←逃げた

ただ1分足のトレードの場合はRCIを見ながらいきます
デカ!ていうくらい大きくします

1分はきっちり3本の動きについていきます、短期が天底付きやすいのでそれで決済です
これは使えますがスピードについていかないとあっという間に動きますよ
RCIもサブ的なものなので、きれいな形でないと特に見なくてもいいと思いますが短期が天底についていたら
やっぱり反転しますよね

オシレーターを信じすぎるといけないけど、補助的にはひとつはあったほうがいいですね


RSI

こちらは普段は邪魔なので隠してます
トレンドが出ているときに大きくして、ダイバージェンスが出ているか確認します

それだけです


モチベーションのためふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん

posted by みさ at 16:43| Comment(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

ドル円ここから

(この記事はトレード法のカテゴリに移動しておきます)


日足、4時間足を見るとドル円上がってくるかなと見えます

戻りなのかそれともですけど

MAがごちゃごちゃしてるので今日は特に動きはないかな金曜だし

今日は動きが小さかったのでもうトレードチャンスは無さそうと思ってたのですが

夕方ちらっと見たらチャンスがあったのでやりました、売って3pipsです
106.345売りの3pipsで決済
レバレッジ上げてるのでこれでも日当程度にはなります

ちょっと余裕あるので画像コピーしてみました

昨日移動平均線について少し書きました、関係あります

ドル円1時間足.png

このやり方はイレギュラーです、通常はこんなトレードのやり方ではないけどまれにこういうこともやります
昨日21、55線を越えたらその方向と書きました
でも超えたからと言って売ったり買ったりしたら損しますね、しょっちゅう交差することあるし

見た時にたまたま21,55線を1時間足が下回ってました
でも1時間足確定にはまだ40分くらいあります、不確定です

でも下回っているので即売り、すぐに決済
(プチ分析はやってますけど)2、3くらいいくなと判断しました

なぜ即決済かというと、足が確定してないからです。戻って陽線になることもありますよね

ごはん食べてさっきコピーしました

ドル円1時間A.png

その1時間足は引き戻されてます
こんなローソク足では下がりません

なので即決済です

もちろんMAのみではなく、RCIも見ています
すぐに1,5分足のRCIをチェックします
幸運だと2,3分で終了です

もっとどんどんいくこともありますし、そのほうが多いのかな?
でも不確定なトレードを狙う時は決めたところで必ず降りる、でないとレバレッジかけて痛い目にあいます
もっととれたのに・・・は思わないこともルールです
そう思ってるうちは勝率は上がりません、こんなイレギュラートレードに限っては汗

淡々とやる、ですね

変なやり方ですよね(笑)
チャートを見てるうちに気づいたひとつの経験値です(笑)
もちろん100%の確率ではないですが8〜9割というところでしょうか

数pips狙いは確率命なので^^;

今日は相場ももう見ないし少し余裕あったので画像出してみました^^

ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん

posted by みさ at 20:30| Comment(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

まずは移動平均線

トレード法は一人一人違うはずです、星の数ほど手法というものもありますよね

FXを始めて私もいろんなやり方を試してきました
聖杯探し^^;

以前からやり方は基本は変わってませんが少しずつは足したり引いたりして今はこう、ということです

まず一番大事にしているのが移動平均線

MAとEMAを組み合わせてますが正直どんな組み合わせでもいいのです

自分の目が見やすいなと感じた平均線をとにかく見ること


私の場合は

21MA
55EMA
この二つは一番重要としています

追加で75、140、200EMA
これはサポート&ターゲットですね、特に140は止まるところ(MAでもいいとは思います、私がEMAが好きなので)

一番強いのは21と55のクロス、トレンド状態
これは解りやすいですね

もみあいの時に注意しているのは各移動平均線の幅と順番です
これが広い、バラバラだとトレンドは出ません
狭いとブレイクする可能性があります

さらに

21と55(50でもいい)を割るとまずその方向へ動きます
それが押し目戻りか、反転かはそのほかも見て判断します

どのインディケーターでも移動平均線でも言えますが、いろいろやってみて相性良さそうなものが見つかれば
変えずに見続けることが大事です
過程の段階ならいろいろやることも見つけるために必要な道ですが、だいたいやってきたら!

それを使い続ける

これに尽きます

(あれこれ変えている段階ではトレードは少額でやらないと絶対損します。なぜなら聖杯はやり続けた後に少し見えてくる)

あ、私も聖杯というほどのものは無いですけど汗

私の場合は、うーんこれは・・と思う時昔からですがチャートを少し離して遠目から見ることもあります(笑)
顎に手おいて(笑)
MAの流れというか←どーいうこと!
形を見たりします

とりあえず基本は21.55より上か下かでトレードの方向を決めます

ということでいったんここまで^^

ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば
  ↓↓↓
為替ブログへ
全員FX投資家さん


posted by みさ at 21:03| Comment(0) | 私のトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする