2010年03月28日

メタのけっこう自信作

1月にご紹介したメタトレーダーのインディゲーターの組み合わせはけっこういいものが出来てると思うので、今日はそれで検証したいと思います

いろんなものを設定してきましたが今のところは一番使いやすい気がします

これは分析する時間がない方にはおすすめです

設定方法はコチラです

トレードとしてはどの足を使うかを考えて自分なりに検証することになると思いますがとりあえず・・

月足
3.28月足.bmp
流れは下ですが、ボリンジャーの-1の抵抗にひっかかってるので注意だなくらいに考えておきます

週足
3.28週足.bmp
流れは下だけどこちらも-2と-1の間でビミョウだなと思っておきます

日足
3.28日足.bmp
反転中の難しいところだな
中心線を超えてるし、買いサインが出てる
デイトレ以下は日足でないと判断できないから買い方向を考えてみよう

4時間
3.284時間.bmp
もみあい

1時間、5分足やるならこのあたりから見よう
一応日足の買いサインも頭に入れておこう
3.281時間.bmp
もみあいを嫌うトレーダーならやめておく形です
それでも常にトレードしたいと思うなら、損切り覚悟のトレードを5分足でとします

あえてビミョウなところを検証します
売りサインが1時間で出たところを5分足で見ます
サインは遅れて出るので1本後くらいで見つけると思います

5分足
3.285分.bmp
これで1時間足と同じサインの時だけエントリー
1回目はせいぜい10pipsでしょうか
2回目は損切りでこれも10pipsくらいか

もみあいは逆張り、トレンドは順張りと言いますがどこでブレイクするかどうかはわかりません

ですがトレンドが出たときに1時間足と5分足の同サインエントリーで3回くらいのトレードをすると考えると、もみあいでの損切りでもトータルはプラスになると思います

こういうテクニカルは損切りが3回くらい続くとへこたれますが、最終的にはへこたれないことが大事です

もちろんもみあいだ、やめておこう、トレンドが出た後の1回くらいにしておこうも判断つけば○ですよね

手法を考える時間がない、分析時間がない方などはこういうトレードでもまったくかまわないと思います

分析して・・は、ある意味自己満足で分析好きなんです

その分析が当たるかどうかというトレードを楽しんでいるところもあります^^

わたしは時々ですが、横にこの平均足を置いてちらっと見るときもあります

今のところは、やはり日足で+1σに乗せてくるのか失速するのかにかかってるでしょうが、1時間足などはまだ売りではない、というところはテクニカル通りのようです

自分の時間ややり方を作ることができるのがメタトレーダーです

1000通貨でできるメタトレーダーです。画像・トレードはメタを使用しています。
1000単位で自分のテクニカルを持てたら増やす、これも大事ですね
フォレックス・ドットコムMT4
FOREX.com MT4(フォレックス・ドットコム メタトレーダー4)


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 14:52| Comment(0) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

そろそろ反転か

こんにちは!

女子フィギュアもハラハラしてましたが(ライブでは観てないけど)真央ちゃんがんばりました、女子全員転倒なしは立派!演技もよかった

日本人としてはあまりの点差に「なぜに・・」とおもったりしますがこれも結果は結果、仕方ありませぬ

下抜けしたポンド円ですがざっとメタで分析します
週末はポンド円というよりもポンドドルをちょいちょいと入って小さくずつ売ってみました
2.27.bmp
長期のトレンドラインで止まりました
4時間足でダイバージェンスも出ていますし下げ一服、でしょうか
メタチャートで見るとポンド円の終値が週足ではラインを割っているのに対して日足では割っていないところがうーんですが、日足を中心に見て行きたい

2.27日足.bmp
週足にフィボナッチエクスパンションとフィボナッチを入れてみました
フィボナッチの161.8%達成したところで止まりました

週足でのエクスパンションでみると、目標ターゲットは129.85〜128円あたりですがここから一度反発が出そうです
金曜安値が目先の底とはあまり思えないので反発狙いならもう少し待ちたい

ただし、このトレンドラインをまだ下に押した場合は133円割れまでかとみます

直近高値の136.72を超えて上昇した場合はこれもフィボナッチでは38.2の138円か、4時間足のボリンジャー中心あたりを目安にしたい

133円まで到達した場合は戻ってもラインまでという目安も考えていきたいかなと思います

フィボナッチエクスパンションがみえにくいと思ったので画像追加しました
2.27週.bmp

そんな感じでいきたいですね、いちおう週足、日足レベルのトレンドは下方向継続かと思います

もし参考にメタを使ってみる方はフィボナッチの自由設定とエクスパンションはメタチャート口座のみとなります↓

1000通貨でできるメタトレーダーです。画像はメタを使用しています。
1000単位で自分のテクニカルを持てたら増やす、これも大事ですね
フォレックス・ドットコムMT4
FOREX.com MT4(フォレックス・ドットコム メタトレーダー4)


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 15:18| Comment(0) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

サインものテクニカル

メタチャートではいろんなテクニカルを組み合わせることができます

メタのテクニカルを沢山紹介されてるしろふくろうさんのブログを参考に作りました

面白いチャートがあるのでご紹介します

週足
1.24週足.bmp

日足
1.24日足.bmp

4時間
1.244H.bmp

1時間
1.241H.bmp

色が暗くて見づらいのが難点ですが色の調整がうまくいきませんでした

これは平均足のみ表示し、ボリンジャーバンドと移動平均線と矢印サインを組み合わせたものです

このようにメタではいろいろと入れて保存ができます
ちなみに月足は売りサインです
月足で買いサインが出たとき、2009年の162円高値を超える上昇があるとわたしは見ています。

ただ今はまだ週足の買いサインのが強いと思ってます

サインものはトレンドが出ているときの例はわかりやすく、ある意味そんなの誰でもわかるわいという例です

クロスのポンド円だからもみあいも多く、サインものは難しくなりますね

分析する時間がない、勉強する時間がない、という方などサインものも使ってトレードする方法を自分なりに考えてみてもいいかもです

たとえば、週足では買いサインのままです
ですが、買っても高値は超えていません
どこが勝率がいいサインなのか?と考えるとどうやら、ボリンジャーバンドタッチからのサインは勝率が高いようです
真ん中へんでは信用度が低いかな?

と考えたりして中心あたりでは様子見とか考えてみる

たとえば週足で買いサインが出たらそこで横線でも引いてみる
日足でその線超えで買いサインが出たら買ってみるなど

手仕舞いなどは移動平均線やボリンジャーバンドを参考にする

などルールを決めていったり

サインが出たローソク足に縦線と横線を入れてみる、次ひとつ下の足で同サインが出たら買うなど
当然ひとつ下の足で逆のサインが出たら手仕舞い、でもいい

1時間足でも同様です
ただし平均足で判断するか矢印で判断するかは好みです
矢印サインは出るのが遅いです、足2本くらい後にやっと出たりするのですが出た足の安値割れたら売り、とか高値超えたら買いとかですね

サインものでは必ずドローダウンは発生するので(何でもですが)これはこれでルールを作る

見る時間がない方は4時間足あたりのサインと1時間足くらいのがいいかと思います

あと、ボリンジャーバンドや移動平均線でトレンドが出ているときは途中逆サインが出ても同方向へ再度サイン待ちなどなど

こういうのはドローダウンやサインの遅さとタイミングの悪さで凹んでしまうことが多いですが、やはりサインでもルールを決めてダイバージェンスが出たらサインは無視する、サインの後の安値割れ、高値超えなどを自分なりに考えて決める、というやり方もありです

ドローダウンの許容も大事です

いや、5分足でやりたいというならば

見る感じでは5分あたりはトレンドフォローは考えずにサイン通りにやるほうがいいような気がします

サインが出たら逆指値、高値超え待ち
ストップは前回安値
平均足の色が変わるかサインが出るまでがんばる

小さく逆サインが出ていたときは形は水平気味のはずなので水平の時はやらない
移動平均線の下なら売りだけとる、上なら買いだけとる

これだけでもけっこう悪くないトレードが可能かと思われます

どんなテクニカルでも自分ルールは決める、これが大事です


ブログの画像とトレードはメタトレーダーを使用しています
フォレックス・ドットコムMT4
フォレックス・ドットコムMT4(メタトレーダー4)


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング


posted by みさ at 15:26| Comment(0) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

メタで分析方法・我流だけど♪

クリスマス休暇週間も終了しましたが、相場は動いていないようです

年末はどうかわかりませんが、年明けは動いてくるのが例年のようですがお正月は家を空けることも多くココが痛いところですね

こういう時期なので、私がだいたいやっている分析の仕方を書いてみます
(クリスマス前にうっかりポジションとってしまって−70損切りしてしまったのですけどーー;)

どういう風にするも自分流ではありますが、何かの設定をしていくことで損切りラインやストップ位置なども考えることはできます
もちろん思惑と違うのも相場ですが、何も無く相場に挑むよりはまし、と言えます^^

ポンド円を例にして週足からいきます
このような形からスタート
ポンド週足.bmp
ここから何か線とかテクニカルを入れていきます
さて、どうしますか

あくまで私の場合ですがっ

ポンド週足1.bmp

週足では大きなチャネルやトレンドラインでいいと思います
上上、下下をつないで目につくラインを引いてみて、足にひっかかるラインならこれは相場も止まるところだなと置いておきます

日足に行きます
ポンド日足.bmp
このあたりでフィボナッチエクスパンションを引いてみます
(メタトレーダーで引けるフィボナッチですフォレックス・ドットコムMT4(メタトレーダー4)

きれいにXOPまでいってるな〜、うまくとれたらヨカッタよねとか後の祭りを考えつつ(いつもだろ)日足でチャネルも引いてみます(オレンジのチャネル)
下からトレンドラインも引いてみる

これで見えてくることを考えてみよう

RSIやRCI、ボリンジャーバンド、20EMAなど各テクニカルはすべてトレンドレス状態がわかります

すると、上に行くならオレンジのチャネルを超えていくことが条件とみえます
下へ行くならトレンドライン割れて、赤のチャネルも割れていくことが条件かなと考えます

OPとなっているラインあたりも注意地点でひとつの抵抗と考えます

日足で判断したのは、デイトレレベルならエントリーというよりも抵抗を見ておきます

ここで4時間にします
ポンド4H.bmp
見やすくなりました
抵抗を黄色の横線としておきます

フィボナッチを引いてみました
メタで設定を追加して161.8%、123.6%、200%、261.8%なども追加しておきます

ここでもRSI、RCI完全な方向感なし
下から上に走るトレンドラインと交差する地点はフィボナッチ161.8%あたりなので、下へ行ってもここで降りておこうと考えることができます

ただトレンドラインは一度抜けることは多いので、200%まで行くこともありえるなとも考えられます

上へは200日線があるのでこれで跳ね返されています

デイトレとしては1時間足をみます
5分足の短期トレードならここからスタートしてもOKかも
ポンド1H.bmp

手を出したくない形ですね
上と下にそれぞれラインを引いておいたのでターゲットはせいぜいこのあたりまでですねとあきらめます

この形を見たらわたしならトレードはあきらめますが、5分足ではどうでしょう

ポンド5分.bmp

こんな5分足はエントリーのポイントがつかめません
が、待つとすると3本の移動平均線が集まっているので20EMAあたりが60EMA(白。この数値は50〜60でいいと思いますが、GMMAチャートでは一番外側が60ですので60を入れてみました)

この60をサポートに20が方向を向いた時、エントリーはできるかと思います
ここからの流れはもみあいつつ、下方向を本日は目指すかとみえます

ただし、上記の分析のように値幅を狙わずに降りておくことが大事かも

フィボナッチなら161.8%かラインまで
安全にならボリンジャーバンドの2σ(+、−)まで
今日などはボリンジャーが安全かもしれません

と、いう風に長期の分析から見ていきます

ややこしいな〜と思っても一度引いておけば固定なのでチラッと見るだけで、毎日は4時間足くらいからスタートして見られます

ラインやフィボナッチなどを引く必要性はなんといっても抵抗を探すこと、です

特に長期のラインは強い抵抗なので、小さい足のトレードでもひっかかってる場合はターゲット以前に跳ね返されることがあるからです

こういう分析のためにわたしはメタ1本で分析をしているわけです

わかりやすく書いたつもりですが、どーでしょう

また、ポンド円だけですが、チャートにGMMAチャートも置いていてたまに見ます

一目の雲のたまに入れてみたり消してみたりもします
私の場合はメタで一目均衡表の色を消して、雲だけを表示させることもたまにします
線がややこしいからです

たとえばコレ
ポンド一目.bmp
移動平均線があったら雲だけでじゅうぶんかなて感じです
小さいトレードではジャマなんで普段はずしてます


負ける時というのは、実は上記のことをしっかり見てない、考えてないときが多いです^^;
だいたいこれでいいだろう、は今でもやってしまいます

すると負けますね
もう見る時間無いからこうなるかな程度で注文しちゃうっていうか
ははははは

はは・・(TT)


ブログの画像とトレードはメタトレーダーを使用しています
フォレックス・ドットコムMT4
フォレックス・ドットコムMT4(メタトレーダー4)

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング










posted by みさ at 11:23| Comment(4) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メタチャートのトレード法: FPみさのFXで生活!とコツコツ資産運用計画

2010年03月28日

メタのけっこう自信作

1月にご紹介したメタトレーダーのインディゲーターの組み合わせはけっこういいものが出来てると思うので、今日はそれで検証したいと思います

いろんなものを設定してきましたが今のところは一番使いやすい気がします

これは分析する時間がない方にはおすすめです

設定方法はコチラです

トレードとしてはどの足を使うかを考えて自分なりに検証することになると思いますがとりあえず・・

月足
3.28月足.bmp
流れは下ですが、ボリンジャーの-1の抵抗にひっかかってるので注意だなくらいに考えておきます

週足
3.28週足.bmp
流れは下だけどこちらも-2と-1の間でビミョウだなと思っておきます

日足
3.28日足.bmp
反転中の難しいところだな
中心線を超えてるし、買いサインが出てる
デイトレ以下は日足でないと判断できないから買い方向を考えてみよう

4時間
3.284時間.bmp
もみあい

1時間、5分足やるならこのあたりから見よう
一応日足の買いサインも頭に入れておこう
3.281時間.bmp
もみあいを嫌うトレーダーならやめておく形です
それでも常にトレードしたいと思うなら、損切り覚悟のトレードを5分足でとします

あえてビミョウなところを検証します
売りサインが1時間で出たところを5分足で見ます
サインは遅れて出るので1本後くらいで見つけると思います

5分足
3.285分.bmp
これで1時間足と同じサインの時だけエントリー
1回目はせいぜい10pipsでしょうか
2回目は損切りでこれも10pipsくらいか

もみあいは逆張り、トレンドは順張りと言いますがどこでブレイクするかどうかはわかりません

ですがトレンドが出たときに1時間足と5分足の同サインエントリーで3回くらいのトレードをすると考えると、もみあいでの損切りでもトータルはプラスになると思います

こういうテクニカルは損切りが3回くらい続くとへこたれますが、最終的にはへこたれないことが大事です

もちろんもみあいだ、やめておこう、トレンドが出た後の1回くらいにしておこうも判断つけば○ですよね

手法を考える時間がない、分析時間がない方などはこういうトレードでもまったくかまわないと思います

分析して・・は、ある意味自己満足で分析好きなんです

その分析が当たるかどうかというトレードを楽しんでいるところもあります^^

わたしは時々ですが、横にこの平均足を置いてちらっと見るときもあります

今のところは、やはり日足で+1σに乗せてくるのか失速するのかにかかってるでしょうが、1時間足などはまだ売りではない、というところはテクニカル通りのようです

自分の時間ややり方を作ることができるのがメタトレーダーです

1000通貨でできるメタトレーダーです。画像・トレードはメタを使用しています。
1000単位で自分のテクニカルを持てたら増やす、これも大事ですね
フォレックス・ドットコムMT4
FOREX.com MT4(フォレックス・ドットコム メタトレーダー4)


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 14:52| Comment(0) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

そろそろ反転か

こんにちは!

女子フィギュアもハラハラしてましたが(ライブでは観てないけど)真央ちゃんがんばりました、女子全員転倒なしは立派!演技もよかった

日本人としてはあまりの点差に「なぜに・・」とおもったりしますがこれも結果は結果、仕方ありませぬ

下抜けしたポンド円ですがざっとメタで分析します
週末はポンド円というよりもポンドドルをちょいちょいと入って小さくずつ売ってみました
2.27.bmp
長期のトレンドラインで止まりました
4時間足でダイバージェンスも出ていますし下げ一服、でしょうか
メタチャートで見るとポンド円の終値が週足ではラインを割っているのに対して日足では割っていないところがうーんですが、日足を中心に見て行きたい

2.27日足.bmp
週足にフィボナッチエクスパンションとフィボナッチを入れてみました
フィボナッチの161.8%達成したところで止まりました

週足でのエクスパンションでみると、目標ターゲットは129.85〜128円あたりですがここから一度反発が出そうです
金曜安値が目先の底とはあまり思えないので反発狙いならもう少し待ちたい

ただし、このトレンドラインをまだ下に押した場合は133円割れまでかとみます

直近高値の136.72を超えて上昇した場合はこれもフィボナッチでは38.2の138円か、4時間足のボリンジャー中心あたりを目安にしたい

133円まで到達した場合は戻ってもラインまでという目安も考えていきたいかなと思います

フィボナッチエクスパンションがみえにくいと思ったので画像追加しました
2.27週.bmp

そんな感じでいきたいですね、いちおう週足、日足レベルのトレンドは下方向継続かと思います

もし参考にメタを使ってみる方はフィボナッチの自由設定とエクスパンションはメタチャート口座のみとなります↓

1000通貨でできるメタトレーダーです。画像はメタを使用しています。
1000単位で自分のテクニカルを持てたら増やす、これも大事ですね
フォレックス・ドットコムMT4
FOREX.com MT4(フォレックス・ドットコム メタトレーダー4)


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング

posted by みさ at 15:18| Comment(0) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

サインものテクニカル

メタチャートではいろんなテクニカルを組み合わせることができます

メタのテクニカルを沢山紹介されてるしろふくろうさんのブログを参考に作りました

面白いチャートがあるのでご紹介します

週足
1.24週足.bmp

日足
1.24日足.bmp

4時間
1.244H.bmp

1時間
1.241H.bmp

色が暗くて見づらいのが難点ですが色の調整がうまくいきませんでした

これは平均足のみ表示し、ボリンジャーバンドと移動平均線と矢印サインを組み合わせたものです

このようにメタではいろいろと入れて保存ができます
ちなみに月足は売りサインです
月足で買いサインが出たとき、2009年の162円高値を超える上昇があるとわたしは見ています。

ただ今はまだ週足の買いサインのが強いと思ってます

サインものはトレンドが出ているときの例はわかりやすく、ある意味そんなの誰でもわかるわいという例です

クロスのポンド円だからもみあいも多く、サインものは難しくなりますね

分析する時間がない、勉強する時間がない、という方などサインものも使ってトレードする方法を自分なりに考えてみてもいいかもです

たとえば、週足では買いサインのままです
ですが、買っても高値は超えていません
どこが勝率がいいサインなのか?と考えるとどうやら、ボリンジャーバンドタッチからのサインは勝率が高いようです
真ん中へんでは信用度が低いかな?

と考えたりして中心あたりでは様子見とか考えてみる

たとえば週足で買いサインが出たらそこで横線でも引いてみる
日足でその線超えで買いサインが出たら買ってみるなど

手仕舞いなどは移動平均線やボリンジャーバンドを参考にする

などルールを決めていったり

サインが出たローソク足に縦線と横線を入れてみる、次ひとつ下の足で同サインが出たら買うなど
当然ひとつ下の足で逆のサインが出たら手仕舞い、でもいい

1時間足でも同様です
ただし平均足で判断するか矢印で判断するかは好みです
矢印サインは出るのが遅いです、足2本くらい後にやっと出たりするのですが出た足の安値割れたら売り、とか高値超えたら買いとかですね

サインものでは必ずドローダウンは発生するので(何でもですが)これはこれでルールを作る

見る時間がない方は4時間足あたりのサインと1時間足くらいのがいいかと思います

あと、ボリンジャーバンドや移動平均線でトレンドが出ているときは途中逆サインが出ても同方向へ再度サイン待ちなどなど

こういうのはドローダウンやサインの遅さとタイミングの悪さで凹んでしまうことが多いですが、やはりサインでもルールを決めてダイバージェンスが出たらサインは無視する、サインの後の安値割れ、高値超えなどを自分なりに考えて決める、というやり方もありです

ドローダウンの許容も大事です

いや、5分足でやりたいというならば

見る感じでは5分あたりはトレンドフォローは考えずにサイン通りにやるほうがいいような気がします

サインが出たら逆指値、高値超え待ち
ストップは前回安値
平均足の色が変わるかサインが出るまでがんばる

小さく逆サインが出ていたときは形は水平気味のはずなので水平の時はやらない
移動平均線の下なら売りだけとる、上なら買いだけとる

これだけでもけっこう悪くないトレードが可能かと思われます

どんなテクニカルでも自分ルールは決める、これが大事です


ブログの画像とトレードはメタトレーダーを使用しています
フォレックス・ドットコムMT4
フォレックス・ドットコムMT4(メタトレーダー4)


ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング


posted by みさ at 15:26| Comment(0) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

メタで分析方法・我流だけど♪

クリスマス休暇週間も終了しましたが、相場は動いていないようです

年末はどうかわかりませんが、年明けは動いてくるのが例年のようですがお正月は家を空けることも多くココが痛いところですね

こういう時期なので、私がだいたいやっている分析の仕方を書いてみます
(クリスマス前にうっかりポジションとってしまって−70損切りしてしまったのですけどーー;)

どういう風にするも自分流ではありますが、何かの設定をしていくことで損切りラインやストップ位置なども考えることはできます
もちろん思惑と違うのも相場ですが、何も無く相場に挑むよりはまし、と言えます^^

ポンド円を例にして週足からいきます
このような形からスタート
ポンド週足.bmp
ここから何か線とかテクニカルを入れていきます
さて、どうしますか

あくまで私の場合ですがっ

ポンド週足1.bmp

週足では大きなチャネルやトレンドラインでいいと思います
上上、下下をつないで目につくラインを引いてみて、足にひっかかるラインならこれは相場も止まるところだなと置いておきます

日足に行きます
ポンド日足.bmp
このあたりでフィボナッチエクスパンションを引いてみます
(メタトレーダーで引けるフィボナッチですフォレックス・ドットコムMT4(メタトレーダー4)

きれいにXOPまでいってるな〜、うまくとれたらヨカッタよねとか後の祭りを考えつつ(いつもだろ)日足でチャネルも引いてみます(オレンジのチャネル)
下からトレンドラインも引いてみる

これで見えてくることを考えてみよう

RSIやRCI、ボリンジャーバンド、20EMAなど各テクニカルはすべてトレンドレス状態がわかります

すると、上に行くならオレンジのチャネルを超えていくことが条件とみえます
下へ行くならトレンドライン割れて、赤のチャネルも割れていくことが条件かなと考えます

OPとなっているラインあたりも注意地点でひとつの抵抗と考えます

日足で判断したのは、デイトレレベルならエントリーというよりも抵抗を見ておきます

ここで4時間にします
ポンド4H.bmp
見やすくなりました
抵抗を黄色の横線としておきます

フィボナッチを引いてみました
メタで設定を追加して161.8%、123.6%、200%、261.8%なども追加しておきます

ここでもRSI、RCI完全な方向感なし
下から上に走るトレンドラインと交差する地点はフィボナッチ161.8%あたりなので、下へ行ってもここで降りておこうと考えることができます

ただトレンドラインは一度抜けることは多いので、200%まで行くこともありえるなとも考えられます

上へは200日線があるのでこれで跳ね返されています

デイトレとしては1時間足をみます
5分足の短期トレードならここからスタートしてもOKかも
ポンド1H.bmp

手を出したくない形ですね
上と下にそれぞれラインを引いておいたのでターゲットはせいぜいこのあたりまでですねとあきらめます

この形を見たらわたしならトレードはあきらめますが、5分足ではどうでしょう

ポンド5分.bmp

こんな5分足はエントリーのポイントがつかめません
が、待つとすると3本の移動平均線が集まっているので20EMAあたりが60EMA(白。この数値は50〜60でいいと思いますが、GMMAチャートでは一番外側が60ですので60を入れてみました)

この60をサポートに20が方向を向いた時、エントリーはできるかと思います
ここからの流れはもみあいつつ、下方向を本日は目指すかとみえます

ただし、上記の分析のように値幅を狙わずに降りておくことが大事かも

フィボナッチなら161.8%かラインまで
安全にならボリンジャーバンドの2σ(+、−)まで
今日などはボリンジャーが安全かもしれません

と、いう風に長期の分析から見ていきます

ややこしいな〜と思っても一度引いておけば固定なのでチラッと見るだけで、毎日は4時間足くらいからスタートして見られます

ラインやフィボナッチなどを引く必要性はなんといっても抵抗を探すこと、です

特に長期のラインは強い抵抗なので、小さい足のトレードでもひっかかってる場合はターゲット以前に跳ね返されることがあるからです

こういう分析のためにわたしはメタ1本で分析をしているわけです

わかりやすく書いたつもりですが、どーでしょう

また、ポンド円だけですが、チャートにGMMAチャートも置いていてたまに見ます

一目の雲のたまに入れてみたり消してみたりもします
私の場合はメタで一目均衡表の色を消して、雲だけを表示させることもたまにします
線がややこしいからです

たとえばコレ
ポンド一目.bmp
移動平均線があったら雲だけでじゅうぶんかなて感じです
小さいトレードではジャマなんで普段はずしてます


負ける時というのは、実は上記のことをしっかり見てない、考えてないときが多いです^^;
だいたいこれでいいだろう、は今でもやってしまいます

すると負けますね
もう見る時間無いからこうなるかな程度で注文しちゃうっていうか
ははははは

はは・・(TT)


ブログの画像とトレードはメタトレーダーを使用しています
フォレックス・ドットコムMT4
フォレックス・ドットコムMT4(メタトレーダー4)

ランキングに参加しています、応援よろしくお願いしますっ
ふ〜む、なるほどっ!と思ってもらえれば2つ♪応援クリックお願いします♪励みになります♪
          コチラ
          ↓↓↓
人気ブログランキングへ
為替ブログ全員FX投資家さんのランキング










posted by みさ at 11:23| Comment(4) | メタチャートのトレード法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする